水江悟(みずほ銀行34歳支店長)の経歴や年収を調査!出身大学・高校はどこ?

みずほ銀行の支店長に34歳の水江悟さんが就任するそうです。

みずほ銀行では歴代最年少の支店長となり、銀行の世界では30代の支店長も少ないのが現状です。

今回は、水江悟みずほ玉川学園前支店長の経歴や年収、そして出身大学と高校はどこなのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

水江悟みずほ玉川学園前支店長の経歴や年収

水江悟さんはみずほ銀行には新卒入行ではなく、中途採用で2008年に入行しました。

この時水江さんは25歳ころなので、新卒でどこかの会社に入った後みずほ銀行に転職したようです。

水江さんが新卒で入社した会社については具体的な情報がありませんので、わかり次第追記していきます!

今回の若手の転職組の支店長抜擢は、学歴主義で転職組が活躍できない閉鎖的な経営体質を持つメガバンクでは珍しい人事といえるでしょう。

ただ閉鎖的な職場環境の銀行の世界でも経営陣は時代の急激な変化とともに変わらなければという危機感を感じているのかもしれません。

みずほファイナンシャル・グループの佐藤康博会長は

「銀行の慣行である年功序列制度を崩す」

と宣言してみずほ銀行を時代にあった組織に変える取り組みをしています。

今回のケースだけでなく

みずほ銀行では昨年にも釧路市店で35歳の支店長が誕生して話題になりました。

個人的には、こちらの釧路支店の支店長のほうが話題性あると思うのですが・・

・・というのは釧路支店は通常支店で法人取引部門も有するので個人取引部門のみの玉川学園前支店とは格も権限も違います。

また地方のメガバンクの支店長は地域の名士的意味合いもあり、東京の駅ごとにあるミニ支店とは貫禄が違うとも言えます。

ともかく

今回の水江さんの支店長抜擢の理由は、水江さんのような若手の外様行員をあえて支店長に抜擢することで、本気で終身雇用・年功序列を崩そうとする佐藤会長の決意の現れだと個人的には思いますね。

水江悟さんの年収はプライベートなことなことなので詳細は分かりません。

ただバブルのころのみずほ銀行の全身の第一勧業銀行などの年銀行は、30歳で年収1,000万円は当たり前でした。

ただその後の経済の低迷と環境の変化で今や、30歳で年収1,000万円にはほど遠いようです。

しかし、水江さんも今回の人事異動で支店長職になると年収が上がって1,000万円くらいになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

水江悟支店長の出身大学と高校はどこ?

水江悟さんは神奈川県の横浜市出身で相模原市にある麻溝台高校を卒業しています。

2005年に明治学院大学を卒業していますが、みずほ銀行では少数派の大学になるようです。

新卒の就職で明治学院大学からみずほ銀行に入行するのはなかなか難しかったのではないかと想像できます。

なぜなら、基本的にメガバンクの世界はとても保守的で未だに学歴主義や減点評価、学閥がまかりとおる旧態依然とした業種だからです。

なので、水江さんは新卒の時に入ることができなかったメガバンクにリベンジ入社を果たすことができたとも言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上、みずほ銀行最年少支店長のプロフィールなど中心に見てきました。

しかし、みずほ銀行の今回の抜擢人事を見ていると、銀行も生き残りに向けて相当な危機感を持っていることがわかります。

今までのやり方ではこれからの時代を生き残れないというみずほ銀行の危機感が従来の終身雇用・年功序列のやり方にメスを入れていると感じた今日この頃でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメント

  1. nya より:

    明学から3メガバンクへは毎年約20名ずつ(計60名ほど)が入行しています。早慶が各行約100名ずつ、Marchが40~50名ずつ入行していることを考えれば確かに少数派ですが、まあまあだと思います。成蹊大学、成城大学もほぼ明治学院と同じくらいの人数が入行しています。

    • freedom-indonesia より:

      こんばんは。
      コメントありがとうございます!
      今、
      明学からメガバンクってけっこう多いんですね。
      失礼しました。
      都銀時代だと少ないイメージだったので・・

      お堅い銀行の世界でさえ、このIT化、国際化の時代の
      波に逆らえないんでしょうね!

      とてもいい傾向だと個人的には思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA