西野カナの紅白2017の衣装ブランドは?ドレスの通販購入先も!

冬のボーナス、クリスマス、そして年末年始と一年で一番ワクワクするシーズンがちかづいてきましたね。

ことしの大晦日どんな感じで過ごす予定ですか?

イエでゆっくり過ごされる人、海外旅行へ行く人いろいろだと思います。

とはいえ、日本人にとって

”おおみそかの夜”といえば、やっぱり今も昔もかわらず紅白歌合戦ではないでしょうか?

2017年の紅白歌合戦も多彩な顔ぶれで楽しめることマチガイナシでしょう!

なかでも、

若い女性のファッションリーダーといえば

西野カナさん

です。

今年の西野さんの衣装はどんな感じになるのでしょうか?

というわけで今回は、

西野カナの紅白2017の衣装のブランドとドレスの通販購入先についてツイッター画像や動画などで見ていきましょう!

スポンサーリンク

西野カナとは?

まずはじめに、

西野カナさんってどのような人なのかを見ていきましょう。

西野カナさんの出身地は、

三重県松阪市

です。

16歳のときに

「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」

に応募して応募総数40000人のなかからヒロインに選ばれました。

かなりの倍率に彼女の天性のスター性が感じられますね。

2008年にメジャーデビューした西野カナさんは、

  • 「君に会いたくなるから」
  • 「会いたくて会いたくて」

といった恋愛ソングでスターダムを駆け上がっていきます。

女性目線の歌詞と切ないバラードをしっとりと歌いあげる歌唱力で、10代・20代の女子を中心に共感をあたえてきました。

そんな西野カナさんの紅白歌合戦初出場は2010年のことです。

それから7年連続出場している西野カナさん、もう紅白の常連メンバーの一人といっても過言ではないでしょう。

いまのところ

紅白歌合戦2017の出演者はまだ発表されていませんが、今年も西野さんの紅白出場は間違いないと個人的に思います。

スポンサーリンク

西野カナの紅白のドレスのブランドは?

ところで、

西野カナさんが若い女性に人気な理由は歌唱力だけでなく、彼女のファッション・センスにあるといえるでしょう。


西野カナさんは若い女性のファッション・リーダーとしても有名ですよね。

なので、

西野さんのドレスや衣装は紅白のみどころの一つとなっています。

紅白初出場とその翌年は

パンチの効いた赤色のドレス

で紅組を強調していました。

が、

3回目からは、

白やパステルカラーなどいろんな色のドレス

を楽しんでします。

個人的にイイ感じだと思った西野さんの紅白のドレスは、

2015年のトリセツを歌ったときの白地に英字プリントがあしらわれたドレス

ですね。

トリセツの歌に合わせてデザイナーといっしょに作ったこだわりの一着だったそうです。

それでは、

今年2017年の紅白歌合戦の西野さんのドレスはどんな感じになるのでしょうか?

西野カナさんのいままでのドレスは、上半身がタイトで下半身がふわっとしたウエディングドレスタイプがおおいです。

このウエディングドレスタイプのドレスを

プリンセスラインドレス

といいます。

ただ、いつもプリンセスラインだと飽きがきますし、そのバリエーションも限られますよね。

なので、

今年はプリンセスラインよりも下半身のボリュームが少ない

Aラインドレス

あたりでクルんではないかと思います。

西野さんが今年の紅白で歌う曲は

「手をつなぐ理由」

あたりキそうですね。

そうだとすれば、

落ちついた曲調から、ドレスの色やデザインも落ち着いた感じになるのではないかと個人的に思います。

つづいて参考までに、

2017年10月13日にMステのときの西野カナさんの衣装ブランドを見てみましょう。

・ホワイトニットトップス

ボリュームある袖が特徴的な「盛り袖」です。

このブランドは

MissAdora

だと思います。

西野カナさんのイメージにマッチしていますね。

・グレープリーツスカート

ホワイトのニットトップスに合わせていたのは、

「REDYHAZEL」のプリーツスカート

でした。

光沢のあるタイプなので光に反射してとてもきれいでした。

どちらも通販で売っているので、西野さんと同じブランドでそろえてみるのもなかなかイイですよね。

まとめ

いかがでしたか?

いじょう

ファッションリーダーの西野カナさんの紅白のドレスを中心に見てきました。

さいしょ西野さんの好きなブランドはかなり高いんではないかと思っていました。

が、

だれでもゲットできるような価格帯だったので驚きとともにすこしホッとしてしまいました。

それでは、西野カナさんの紅白歌合戦の今年のドレスがどんななのかいろいろ夢想しながら筆をおかせていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA