LINEの送信取り消し機能の実装はいつ?既読も対応するの?

LINEにメッセージの取り消し機能が追加されます。

いままでは一度送信すると修正できませんでしたよね。

なので、まちがって送信して

ヤッチマッタ・・

と感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

この機能追加でLINEでもコメントの取り消しができるようになるので誤爆の悲劇もへりそうですね。

今回は、

LINEの送信取り消し機能の実装はいつなのか、そして取り消しは既読コメントにも対応しているのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

LINEの送信取り消し機能の実装はいつ?

今までは、LINEでまちがって送信してしまうと、そのまま公開状態のままでした。

この場合、

自分の画面ではメッセージ消すことができましたが、相手の画面では消すことができません。

しかし

今回送信取り消し機能が追加されたことで、LINEでも送信したメッセージを完全に削除することができるようになります。

ところで、

LINEの送信取り消し機能はいつ実装されるんでしょうか?

調べたところ、

2017年12月以降

に実装されるようです。

ただし、この取り消し機能には条件があって、メッセージの送信から

24時間以内

でないと削除できないんです。

とはいえ、

変更するのに24時間あれば充分だと個人的には思いますが・・・

いままでLINEのメッセージを削除できなかったがために誤爆して、残念な結果におわったことが個人的にもけっこうあります。

送るべきでない人にメッセージをおくって微妙な雰囲気になってしまったりとか・・

ところで、

今回のLINEの送信取り消し機能の追加に対する世間の評価はどうなのでしょうか。

すこし見ていきましょうか。

「LINE様、ありがとうございます。」

「浮気がばれるリスクが激減する!」

「今までは誤爆すれば絶望のみだった。」

なんていう声が聞こえてきます。

たしかに、

これがあれば恋人からのスマホチェックもコワくないですよね〜・・

スポンサーリンク

LINEの送信取り消し機能は既読でも大丈夫?

ところで、

今回のLINE送信取り消し機能ですが、既読のときもできるんでしょうか?

しらべてみたところ、

既読メッセージが削除できるかどうかも、12月以降に明らかになるそうです。

しかし、

メッセージだけが消えても意味ないですよね。

通知からすべて消えないと、いらない疑惑をもたれることもありますよね。

また、暴言を送信してすぐ消した場合はいじめの証拠隠滅にもなってしまいますから、良い面もあれば悪い面もあります。

若者たちのあいだでは

  • 既読スルー
  • 既読無視

といった既読をつけてからメッセージをかえさないことで意思を表示することが流行っているようです。

なかには、

「メッセージを見たらすぐ返事を返せ!」とおこる人もいるようですが、もう少し広い心をもって生きたほうがイイと個人的に感じてしまいました・・・

さらに、

メッセージを既読にせずそのままスルーする

未読スルー

ということばもあります。

このように人間関係の”ヤヤコシさ”を助長させる既読機能はいらないう声がLINEユーザーのあいだでも上がっています。

ところで、

LINEに既読機能がついている理由ってご存知ですか?

その理由を調べてみるとちょっと深イイ話しでした。

LINEが既読機能をつけた理由は、2011年の東日本大震災とどうやら関係があるようです。

東日本大震災のときは、家族や友人と連絡がとれず生存確認を一刻も速くしたい状況だったと思います。

連絡がとれないので生きているのか死んでいるのかさえわからず、眠れぬ夜をすごした人もたくさんいました。

こういったとき、

既読機能はそのとき返信できなかったとしても、メッセージをみたことだけはわかりますよね。

つまり、

既読機能のおかげで生存確認をすることができるのです。

ちなみに、

東日本大震災は2011年3月におきましたが、LINEは2011年6月にリリースされています。

LINEの既読機能は

東日本大震災の悲劇を教訓としてつけられた機能

でもあったのです。

最近ではジャマモノ扱いの既読機能ですが、東日本大震災から歳月がたち地震の被害を風化させないように思い出すことも必要だと個人的に思います。

まとめ

いかがでしたか?

LINEの送信取り消し機能が実装されることによって誤爆がすくなくなるのはいいことですよね。

LINEユーザーにとってさらに使いやすくなること間違いなしでしょう。

いままでユーザーが心待ちにしていた機能なので、早めの機能追加が望まれています。

しかし、

LINEの既読機能が東日本大震災からうまれたということはまったく知りませんでした。

あまり利用価値を感じなかった既読機能ですが、緊急時の安否確認でつかうことが前提だったんですね。

とはいえ、

LINEの送信取り消し機能の実装がいつになるのか個人的に気になってしまう今日このごろでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA