高校サッカー2018の注目選手と出場校は?結果速報と優勝校を予想!

今年ものこりわずかとなり、年末はスポーツ・トーナメントめじろおしですね。

ところで、

今年の高校サッカー、どこが優勝するんでしょうと思いますか?

今高校サッカー全国大会はプロに内定している選手がおおいので、かなり注目度たかいようです。

それでは、

高校サッカー2018の注目選手や出場校、優勝予想など見ていきましょう!

スポンサーリンク

高校サッカー2018の出場校と注目選手は?

今年の全国高校サッカーの日程は決まっている日程では以下のとおりです。

一回戦

2017年12月30日から31日

二回戦

2018年1月2日

地方予選はすでにおわり、全国高校サッカー出場校はもう決まっています。

ところで、

今回の高校サッカー全国大会ではJリーガー確定の選手が多いですね。

そのほかのプロ内定していない選手でも実力派がそろっています。

それでは、

今年の高校サッカー全国大会の出場校と出場選手から見ていきましょう。

渡邊泰基(前橋育英高校DF)

渡邊泰基選手は新潟県出身でアルビレックス新潟U-15から前橋育英高校に進学しました。

一年生のころから圧倒的な存在感をはなっており、三年生となった現在ではチームの要として存在感を発揮しています。

昨年の全国高校サッカー選手権大会では優秀選手にも選ばれた実力でもあります。

今年の7月には地元

アルビレックス新潟

に内定が決まったプロデビュー間近のニューホープです。

中村駿太(青森山田高校FW)

中村駿太選手は千葉県出身で、少年時代は柏レイソルの下部組織に所属していました。

柏U-12時代には全日本少年サッカー大会で優勝して、さらに23得点という大会新記録も残しています。

U-15やU-18、そしてU-19日本代表にも飛び級で声がかかっていることからも実力がわかりますよね。

昨年までずっと柏レイソル系のチームでプレーしていましたが、今年サッカー名門校の青森山田高校に編入しています。

中村選手も

モンテディオ山形

に内定が決まっています。

郷家友太(青森山田高校 MF)

郷家選手は中村選手とおなじ青森山田高校です。

鶴ケ谷SSSでサッカーを始め、ベガルタ仙台ジュニアユース、青森山田中学校を経て青森山田高校へ進学しました。

二年生のころからレギュラーとして活躍し、昨年の高校サッカーでは青森山田高校優勝に貢献しています。

全国高校サッカー選手権大会と高円宮杯プレミアリーグの2冠獲得は半端ではありませんよね。

郷家選手は8月、

ヴィッセル神戸

に内定が決まっています。

スポンサーリンク

高校サッカー2018の結果速報から優勝予想!

さて、今回の高校サッカー全国大会の優勝校はどこなのでしょうか?

地方予選はおわりましたが、のこっているのは今年も強豪校ばかりですね。

それでは、

今年の地方予選の様子や前年度の結果から優勝チームを予想してみます。

青森山田高校

優勝候補筆頭といえばやはり青森山田高校ですね。

昨年の高校サッカー選手権優勝校でもあります。

昨年の決勝では、名門前橋育英高校を5-0でくだしています。

今年の注目選手3人のうち2人が青森山田高校ということからも今年もヤバイくらい強そうですよね。

ヴィッセル神戸入団内定の郷家友太選手がチームの要となっています。

さらに、

小柄ながらスピードが持ち味の中村駿太選手も今年はいるので青森山田高校の無敵オーラを感じているのは私だけでしょうか?

前橋育英高校

群馬県の前橋育英高校を忘れてはいけません。

日本代表で名ボランチとして活躍した山口泰弘さんや細貝萌さんを輩出したサッカー界の名門校ですよね。

初優勝がかかっていた前回は、おしくも青森山田高校に負けて準優勝でした。

前橋育英は全国高校サッカー・ベスト4入り常連校ですが、いつも最後の一歩で優勝をのがしています。

「今年こそは優勝を」という意気込みはスゴイものがあるんではないでしょうか。

米子北高校

あと、

米子北高校も今年キそうですよね。

最近メキメキと力をつけてきた感じの鳥取県の高校です。


上の2校とくらべると、部活動としてサッカーを楽しんでいる感じを受けるのはわたしだけでしょうか?

とくに目立つ選手がいるわけではありませんが、今年の彼らのチームワークには注目です。

高校生らしい運動量重視のサッカーなので、プロとは違った試合展開が新鮮です。

そういえば、

高円宮杯プレミアリーグウエストでは6位と大健闘してますよね。

いじょう三高みてきましたが、わたしの個人的な予想では、今年の優勝候補はやはり青森山田高校の可能性が一番高いでしょうね。

ひとりひとり個人の実力がハンパないので、総合的に見てもやはり他校とレベルがちがうのではないでしょうか?

ただし、この中のどこの高校が優勝してもおかしくないという意見もありますが・・

とすると、

何度もくやしい思いをしている前橋育英高校に今年こそ優勝してほしいと個人的には思いますね・・・

どちらにしても、

今年の今年の高校サッカー全国大会は出場選手のレベルがとても高いので、選手ひとりひとりの技術も要チェックですね!

まとめ

いかがでしたか?

今年の全国高校サッカーもどうやら激戦がくりひろげられそうですね。

今年はJリーガー内定選手も多く参加します。

が、

毎年この大会で一気にブレイクする選手もいるので、最後まで観戦に気をぬけないと決意をあらたにした今日このごろでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA