紅白歌合戦2017観覧募集の応募方法は?当選倍率や本人確認と裏技も!

毎年、大晦日のお楽しみといえばやはりNHK紅白歌合戦です。

出演者もとても豪華で、多くの出演者が出ているためカウントダウンの前までずっと見ていても飽きませんよね!

演歌歌手やジャニーズ、AKB、EXILEなど有名アーティストがたくさんでるので、自分が推しているアーティスト見逃せませんよね。

ところで、

いつもはこたつに入って家族で見ている紅白歌合戦ですが、今年は生で見たいと思いませんか?

というわけで、

NHK紅白歌合戦2017の観覧募集の応募方法や当選倍率、そして本人確認と当選のための裏技を見ていきましょう!

スポンサーリンク

紅白歌合戦2017観覧募集の応募方法は?

紅白歌合戦の観覧募集情報は

2017年10月5日

に公開されました。

さっそく見ていきましょう。

第68回紅白歌合戦 概要

2017年12月31日(土)開催

開場:17:45 開演:18:45 終演:23:45

NHKホール(住所:東京都渋谷区神南2-2-1)

申し込み条件

申し込みをするためには絶対に必要な条件は「受信料を支払っている場合のみ」です。

実は受信料を払ったことがない人も多いと思いますが、紅白歌合戦を観覧したいのであればしっかり納めましょう。

申し込み方法

まずは郵便往復はがきを準備してください。

「往信用表面」にNHKの宛先を記入しましょう!

NHK宛先:〒119-0362 NHK「紅白歌合戦」公開係

「往信用裏面」には、自分の郵便番号・住所・名前・電話番号を記入します。

※同一世帯で申込者と受信契約者の名字が異なる場合は、受信契約者とNHKに登録している電話番号を記入する必要があります。

「返信用表面」も「往信用裏面」同様、自分の郵便番号・住所・名前・電話番号を記入します。

ちなみに、抽選結果は「返信用裏面」に印刷されますよ!

お問い合わせ

0180-991―022

抽選

応募が予定数よりも多い場合は抽選となります。

当選者には入場整理券が発送され、

入場整理券1枚で2人

が入場可能ですよ。

落選者は落選通知が届きますので、どちらが来るかどきどきですね。

NHKの注意事項!

それと、はがき送付時の注意事項をお知らせします。

往復はがき以外で応募した場合や記入内容の不備、締切に間に合わなかった場合は申し込み無効となりますので注意してください

噂ですが、この申込みで電話番号を記入すると、受信料支払いの電話がかかってくることがあるらしいです。

こちらも合わせて注意した方がいいと思います。

スポンサーリンク

当選倍率や本人確認と裏技も!

次に、当選倍率がどれくらいか見てみましょう。

NHKホールの観覧席の数は、

1400席程度

なのです。

この1400席をめぐって

全国の観覧希望者

がはがきをおくるので当選確率はとっても低いんです。

最近の当選倍率は、

平成22年 578倍

平成23年 1025倍

平成24年 886倍

平成25年 1073倍

平成26年 1032倍

平成27年 755倍

・・・・って半端じゃない倍率ですよね。

なので、

はがきにイラストを描いたり、派手にして目につきやすいようにすることで当選確率が上がるといった噂が世の中にひろがっているみたいですが、実はこれはガセネタです!

むしろ、

不必要なものを書いていると抽選からはずされる場合もあるそうです。

はがきにさまざま書くのはやめて、必要なことだけを書くようにしましょう。

では、

どうしたら当選確率があがるのでしょう。

当選の裏技!

その秘密は

「ひたすらたくさんはがきを出す!」

ということです。

こう書くととてもシンプルで簡単そうです。

が、

1000枚単位で出している人もいるそうなので、当選確率を上げるためにはそれくらい出さないとだめみたいですね。

そこで、パソコンとプリンターを使ってちゃちゃっと作って出せるように準備をしておくことをおすすめします。

手書きで1000枚も書いたら指がうごかなくなっちゃいますからね。

というわけで、

たくさんはがきを出すことが成功の秘訣だといえるでしょう。

また、信ぴょう性は定かではありませんが、当選確率を上げるとウワサされていることをお知らせします。

  • NHKの記念切手を貼る
  • 宛名は手書きで書く
  • NHKキャラクターを入れる(シールとかパソコンで印刷する)
  • ラインマーカーで3行コメントを記載する。

要はNHKの抽選担当者にさりげないアピールをするということですか?!

ただ、

これはすべて噂なので本当かどうかは分かりませんが、試してみる価値はありますよね!

紅白会場への入場時、

2016年からは本人確認

がされるようになりました。

運転免許証やマイナンバーカードを持っている方はそれを使って本人確認しましょう。

なるべく顔写真付きのものがいいですね。

紅白の歴史はコチラから!

↓    ↓

まとめ

いかがでしたか。

紅白歌合戦の観覧について調べたところ、意外と簡単に応募できることがわかりました。

これを機に、毎年イエのテレビで見ていた紅白歌合戦をNHKホールで生で観覧してみるのもイイかもしれませんね。

私は実際にNHKホールで観覧したことがありますが、会場の熱気がものすごくてとても興奮したのを個人的に思い出してしまいました。

アーティストとの距離も近いのやっぱり最高です!

当選確率が低いことがすこし心配ですが、当選確率を上げる裏技?!を駆使すればきっと当選するはずです。

今年の出演アーティストなど詳しいことはまだ分かっていませんが、今年の紅白いまから楽しみですね。

それでは、

紅白歌合戦を生でみて、さわやかな気持ちで新たな一年の始まりを迎えましょう!

紅白2017の番協についてさらなる情報はコチラ!

↓      ↓

紅白2017番協の結果発表はいつ?はがきの書き方や応募方法も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA