「今年の漢字」歴代ランキングと2017年の候補を予想!

カレンダーではそろそろ 12月ですが、わたしが暮らすジャカルタでは年末モードは皆無でいつもと同じペンギン村のような陽気がつづいています。

ところで

日本では年末の風物詩のひとつ”今年の漢字”2017の発表が間近になってきましたね。

というわけで今回は、

「今年の漢字」歴代ランキングと2017年の候補を予想していきます。

スポンサーリンク

今年の漢字2017の歴代ランキングは?

「今年の漢字」は、その年の世相をあらわした漢字一文字を全国から募集して、応募数のいちばん多いものを発表するイベントです。

毎年12月12日の「漢字の日」に清水寺で発表される1995年からつづく年末イベントなんです・

じつは、けっこう前からやっているんですね。

ところで、

いままでの「今年の漢字」ってどんなモノがノミネートされたのでしょうか?

さっそく、

2011年から2016年までの「今年の漢字」歴代ランキングを見ていきましょう!

絆   (2011年)

東日本大震災が起こり、家族・友達・恋人との絆の大切さを身を持って実感したことを意味する「絆」でした。

また、

なでしこジャパンのワールドカップ初優勝も「絆」を象徴するできごとでしたよね。

いろいろなところで「絆」を確認することができた年だったと思います。

金     (2012年 )

金環日食や金星観測など天体ショーがとても話題になった年でした。

オリンピックが開催され日本人選手がたくさんの金メダルを獲得しましたよね。

山中信弥さんがノーベル生理学・医学賞を受賞して日本でも”山中フィーバー”が起こったのをついこの前のことのように感じているのはわたしだけでしょうか?

輪    (2013年)

この年、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地に東京が決まりましたね。

というわけでこの年のインパクトNo.1はやはり次期東京オリンピックです。

日本人の「輪」によって開催地が東京にきまったことが、今年の漢字に選ばれた大きな理由だとわたしは思います。

税    (2014年)

かなりダイレクトな政治的漢字ですね。

その理由は、

この年、消費税が5%から8%に引き上げられたからです・・

生活に直結する消費税の引き上げにより、住宅新築のかけこみや高額商品の購入、生活必需品の爆買いなど、「税」について考えさせられた一年でした。

安    (2015年)

戦後70年という節目の年なので、現在の安全な日本を象徴する「安」という漢字が選ばれました。

政治的にみてみると安保関連法案の採決をめぐって政治が混乱していたのも理由の一つでしょうか?

個人的には、日本の安全神話はとうの昔に崩れてしまっていると思うのですが・・・・

金      (2016年)

この年の漢字は2012年と同じ漢字の「金」となりました。

2016年もオリンピックの日本人選手の金メダルラッシュで日本全国が大熱狂したからなんですかね〜。

しかし、

4年に一回今年の漢字が「金」や「銀」になるのは面白みに欠けるのではないかと思ったのはわたしだけでしょうか?

しかし、

2012年と2016年みたいにおなじ漢字がえらばれることもあるんですね~。

あらためて知ってすこし驚きました。

また、2011年の今年の漢字の「絆」は

日本中が心をひとつにして東日本大震災に向きあったという意味で、「絆」という漢字はピッタリはまっていたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今年の漢字2017の候補予想!

それでは、

2017年の今年の漢字はいったい何になるんでしょうか?

個人的にすこし予想してみました。

この漢字でいちばん初めに思いうかぶのは秋篠宮眞子さまと小室圭さんの婚約内定ではないでしょうか?

眞子さまと小室さんの話題でもちきりでしたね。

そして加計学園と阿部総理の結びつきが疑われたことをおぼえていますか?

本当に結ばれていたのかはなぞのままですが、火のないところにけむりは立たないですからね。

というわけでイイ意味でも悪い意味でも今年は「結」という漢字に注目です。

退

フィギュアスケーターの浅田真央さんが現役引退を発表したのはとても衝撃でしたね。

しかし、

子供のときからスケート一筋だった浅田真央選手にはすこしゆっくりしてほしいと思います。

そういえば、

プロゴルファーの宮里藍さんもことし引退しましたよね。

また、

恒例のようになっている宮崎駿監督が引退を撤回して4年ぶりにジブリ作品に復帰しました。

音楽界では、安室奈美恵さんが来年の引退発表しでCDやDVDが品薄状態になっていますね。

2017年は各界で引退する人がおおかった年だともいえるでしょう。

今年は政治家の不倫疑惑?!がけっこうありましたね。

真偽のほどは定かではありませんが、疑われるようなことをすること自体あまりよくないないんではないでしょうか?

じつは、

2016年の今年の漢字ベスト10にも、じつは「倫」がランクインしているんで今年こそはキそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

歴代の今年の漢字を見てみましたが、その年の世相を反映した漢字ばかりでしたね。

今年のできごとを見てみると、いいこともあればあまりよくないこともり地震や火山の噴火など天災に悩まされた年でもありました。

どちらにしても、

今年の漢字は12月12日に発表されるのでワタシ的予想があたることを夢想しながら筆をおきたいと思います。

今年の漢字2017の応募方法はコチラで!

↓      ↓

今年の漢字2017の応募方法と結果発表日はいつ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメント

  1. サイナイ より:

    日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」を発表し、今年は「金」になったそうです!その年の世相を表す漢字一文字を発表しているそうですが、アナタは「金」から、今年一年のどんなコトを思い出しますか?

    以上、去年の「今年の漢字」が決まるとともにMiitomoに出てきた質問をお伝えしました。それだけです。

    #Miitomo_924bz051

    • freedom-indonesia より:

      サイナイさん、こんにちは。

      シェアありがとうございます。
      「金」って今年の漢字の定番になってきていますね。

      コメントありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA