川越美和の孤独死の理由と死因は?経歴や結婚の真実の噂と家族を調査!

川越美和さんが9年前に亡くなっていたことがわかり、今ネット界を中心に驚きの声があふれています。

いったい、川越さんは芸能界から消えたあとどのような人生を送っていたのでしょうか?

「私にできることはなかったのか」と川越さんの死を悼んでいます。

それでは、

川越美和さんの孤独死の場所や理由と死因、そして川越美和さんの経歴や結婚の現在真実の噂、引退理由と家族について画像やブログ、youtube、2ちゃんねるなどから見ていきましょう!

スポンサーリンク

川越美和の孤独死の理由と死因

元歌手の川越美和さんが

2008年4月22日に35歳の若さで亡くなっていたことが”週間女性PRIME”の記事で判明しました。

2008年というと今から、約9年も前の話しですね・・・・・

・・消えていった芸能人の消息がいかに忘れ去られるのかがわかる実例ですね・・・

・・・なので、

「あの人はいま」

などの番組などがウケるんでしょうね・・

それでは、

川越美和さんの死因から見ていきましょう。

川越さんの死因については病死で急性心不全ではないかといわれています。

その心不全の原因としては

睡眠薬などの薬物の過剰摂取もウワサされていますが真偽のほどは定かではありません。

その当時、

彼女は大田区の木造アパートで一人暮らしをしていたようです。

急激な体調の変化に

救急車を呼ぶ暇もなく発見が遅れたのかもしれません。

川越さんの死亡が確認されたのは死後3日くらい経ったあとのことでした・・

川越さんの死去されたころの状況については、次の経歴欄にまとめています。

スポンサーリンク

川越美和の経歴や結婚の噂と家族

それでは、

川越美和さんの経歴について見ていきましょう。

川越さんは1989年の第31回日本レコード大賞の新人賞も受賞した人気歌手でした。

「夢だけ見てる」やTVドラマ”天まで届け”の主題歌「涙くんさよなら」などのCDが人気でしたね。

さらに、当時の人気ドラマ

「時間ですよ平成元年」

にも準主役級で出演しています。

その後も

「スクールウォーズ2」、「HOTEL2」、「家政婦は見た」

などに出演する人気女優でもありました。

芸能活動はバブル後も続けていましたが、

実写版映画「ゲゲゲの鬼太郎」に井上真央さんの母親役で出演を最後に2007年に芸能界を引退していたそうです。

川越美和さんの遺作となった「ゲゲゲの鬼太郎」実写版はコチラ!

↓      ↓

要チェックや!

芸能界引退後は、

不動産会社のテレホンアポインターの仕事をされていたようでが、そこも半年で辞めたそうです。

川越さんの知人の話しだと、

ある日、錦糸町のクリニックから出てきたら、コンビニのビニール袋みたいな大きさで2袋分くらい薬をもらってきていたんです。10種類くらい服用しているようでした

参考元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00009785-jprime-ent&p=2

と睡眠薬などに依存していた様子が伺えます。

スポンサーリンク

経済的にも自己破産して生活は苦しかったようですが、生活保護を受けながらもう一度芸能界で活躍することを夢見ていたそうです。

その後

品川区のアパートを経て羽田空港の近くの木造アパートに引っ越しました。

引っ越しから一週間後に

大家さんが異変に気付いて警察に通報したようです・・・

知人の借金の保証人になったことで多額の借金があったことから、徐々に精神的にも変調をきたしていったようです。

川越さんの家族関係についてですが、

川越さんが結婚していたという話はなく生涯独身だったようです。

実家の両親などからも勘当されていたようで、晩年の生活は寂しいものだったようです。

バブル時代を代表する女性シンガーのひとりで、

同期デビューの歌手には田村英里子、島崎和歌子、中山忍、星野由妃、マルシア、千葉美加、細川直美などがいました。

ん〜・・みなさん知名度はありますが、

現在も芸能界に残っているのは島崎和歌子と中山忍さんぐらいのものでしょうか。

こうしてみてみると、

芸能界の栄枯盛衰の激しさを感じてしまいます。

そういえば、

バブル時代からもう30年ちかく経っているんですね。

あのころの

日本が経済的はもとより文化面、世界での日本の存在感でピークだったのではないのかと感じるのは私だけでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なんだか、せつない話しですね・・・

バブルのころは輝いていたアイドルが10年前に人知れず亡くなっていたなんて・・・

時代の流れの激しさと

バブルは遠くなりにけり

と感じた今日この頃でした。

それでは、

川越美和さんのご冥福をお祈りしながら筆をおきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのコメント欄は意見交換や情報提供の場として使ってください。お気軽にコメントお願いします! 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA